バリテインに副作用や危険はない?成分を徹底解説

バリテインにどんな副作用や危険性ってないのか気になりませんか?全成分から徹底解説します!
MENU

バリテインに副作用や危険はない?成分を徹底解説!

バリテインに副作用や危険はない?成分を徹底解説

 

バリテインは増大に効果的だととっても人気ですよね!でも、危険な副作用とかないの?安全なものが入っているの?って気になりませんか?

 

バリテイン公式サイト

>>公式・Amazo・楽天価格を比較

 

目次

 

 

バリテインの全成分の効果・役割を解説!

バリテインにはどんな成分が入っているのでしょうか。

 

バリテインの箱の裏

 

アルギニン、シトルリン、オルニチン、トリプトファン、亜鉛、トナカイの角、豚プラセンタ、馬睾丸、馬心臓、マムシ、スッポン、タツノオトシゴ、鯉胆、ウナギ、サソリ、サメ肝油、サケ白子、しじみ、カキ肉、ローヤルゼリー、トンカットアリ、マカ、ムイアプマ、にんにく、高麗人参、クコシ、カツアバ、田七人参、ガラナ、エゾウコギ、アカガウクルア、ワイルドヤム、アリ、冬虫夏草、クラチャイダム、霊芝、馬プラセンタ、水蛭、長寿草、アラビアガム、ジャムウ、ガリアン、スピルナ、エンジュ、ヘマトッカス藻、バリン、ロイシン、イソロイシン、グルタミン、リジン塩酸塩、ステアリン酸Ca、パントテン酸Ca、ヘスペリジン、ナイアシン、コンドロイチン、カミツレ、サンザシ、雪蓮花、フランス海岸松樹皮エキス、ウコン、マテ、メカブ、アスパラガスラセモサ、トンブリ、チンピ、ツルドクダミ、クマザサ、カンゾウ、山伏茸子、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB6、ビタミンK、ビタミンB2、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンB12、ビタミンE、葉酸、銅含有酵母、鉄含有酵母、クロム含有酵母、モリブデン含有酵母、マンガン含有酵母、コエンザイムQ10、プロポリス、レシチン、馬精製油、鳥骨鶏卵黄油、EPA含有精製魚油、DHA含有精製魚油、山西老脂肪濃縮粉末、ルチン、現状オリゴ糖、αリボ酸、D-リポース、アセチルグルコサミン、米、米胚芽、大豆発酵抽出物、大麦若葉、リンゴンベリー、赤ワイン、食用ブドウ油、トマト色素

 

原材料が多すぎて、これだとどんなものが入っているのかちょっとわかりにくいですね。

 

基本的には摂取による危険性や副作用はないと言えますが、多少なりとも過剰摂取による副作用の危険性があるもののみをピックアップしてご紹介しましょう。

 

過剰摂取によるアレルギーの危険性がある成分

  • クラチャイダム末
  • 発酵黒タマネギ末
  • 明日葉
  • すっぽん末
  • 豚プラセンタエキス末
  • ローヤルゼリー末
  • EPA・DHA
  • ルチン抽出物
  • マカ末
  • ガラナエキス末
  • 黒大豆種皮エキス
  • スピルリナ原末

 

バリテインの摂取量を守っていれば、副作用を引き起こすような危険性は考えにくいですが、万が一体調不良を感じたら、摂取を控えた方がよいでしょう。

 

過剰摂取にならないように摂取量を守ろう!

 

バリテインは1日3粒(各カプセル1粒ずつ)が目安です。増大効果を期待してたくさん飲むのは良くありません。

 

利用方法をちゃんと守りましょうね!!

 

バリテイン公式サイト

>>公式・Amazo・楽天価格を比較

このページの先頭へ